せどりのヤマダ電機の蚤の市対策!

【天野裕之@せどりエイトで収益倍増!】
せどりメルマガ登録

【天野裕之 公式LINE】
友達追加で商品リスト無料配布! 天野裕之LINE@
LINEのID(@amanohiro)



せどりのヤマダ電機の蚤の市対策!

11月18日、19日に開催
されるヤマダ電機の蚤の市について
お話ししたところ、こんなご意見を
いただきました。

「来週の蚤の市の仕入れに初めて
挑戦します!

こないだの天野さんが教えてくれた
蚤の市には複数人で行ったほうが
良いとか、

買った商品もフロアに置いておくと
持っていかれてしまうとか、

クルマで行くか配送を使ったほうが
良いとか、とても勉強になりました。

他にも注意点やコツがあったらぜひ
教えてください。」

ちなみに、来週の蚤の市の詳細は
こちらです。

確かに、蚤の市に初めて仕入れに
行く場合は、事前情報を仕入れて
おいたほうが良いですね。

私の見解で分かる範囲で、前回の
復習も含めてお話ししますね!

(1)初日から行く

私の経験上ですが、蚤の市は
2日目よりも初日のほうが高利益
商品を仕入れやすいです。

というのも、2日目の商品は初日の
残りとプラスアルファになります。

そのため、初日の早い時間から
行くことをお勧めします。

(2)複数人で行く

蚤の市は、1種類の商品は1人
1個ずつしかレジを通せないため、

交代で荷物番をしながらレジに
並ばないと、

購入した商品や目をつけて取って
おいている商品を確保できません。

そのため、最低2人、できたら
4人くらいで協力しあうことで
利益を大きくしやすいです。

(3)1人1個制限を突破する

上述のとおり、蚤の市は1種類の
商品は1人1個ずつしかレジを
通せません。

ただ、レジは10個以上あるため、
レジを変えて同一商品を複数個
仕入れることができます。

また、レジ打ちスタッフは全国の
ヤマダ電機から集められている
ようで、

たまに甘い人がいるので、同じ
商品を目立たないように2、3個
持っていって通るか試してみると
良いです。

(4)小さい商品からリサーチする

蚤の市には、電動シェーバーや
ドライヤー、電動歯ブラシ、無線
ルーターなどの小さ目の商品から、

炊飯器、プリンター、空気清浄器
などの大きい商品まで多種多様な
商品があります。

そこで、会場内を持ち運んだり、
車に積んで帰ることを考えると、

できるだけ小さい商品で利益を
出したいところです。

そのため、まずは小さい商品から
リサーチして、

小さい商品が終わったら大きい
商品もリサーチするようにしま
しょう。

(5)ビームを使う

蚤の市はたくさんのせどらーや
中国人転売ヤーが来ていて、

高利益の商品をゲットできるか
どうかは早い者勝ちになります。

なので、できるだけ素早くリサーチ
できるように、

KDC200等のビーム(小型バーコード
リーダー)を持っていってリサーチ
を効率化させてください。

(6)利益商品はすぐに確保する

蚤の市はせどらーや中国人転売ヤー
たちも多いため、

利益が高く、販売スピードが早い
商品を発見したら、すぐに数を
確保します。

のんびり構えていると、横から
他の人に取られてしまいます。

また、商品を運ぶための台車が
貸し出されていますが、

来場者全員分の台車があるわけ
ではないので、はじめに台車を
確保するようにしましょう。

(7)展示品に注意する

蚤の市で販売される商品は、
開封済みや使用済みの展示品と
新品が混在しています。

展示品の中には状態が悪い商品も
あるので、

新品で出品できるかどうかや、
ほぼ新品で利益が出るかどうか
など、出品する際は要注意です。

(8)盗難に注意する

購入した商品や確保した商品は
その辺に置いておいてはいけません。

日本は安全な国なので、普段なら
フロアに商品を置いておいても
ほとんど無くなりませんが、

蚤の市には海外から来てる人も多く、
購入した商品や確保した商品も、

誰かに持って行かれたり、無く
なったりする可能性が大きいです。

この点からも、荷物の見張り番を
立てるために複数人で行くことを
お勧めします。

以上のことを意識して仕入れを
行えばかなり高利益を取れるのが
蚤の市なので、

行かれる方は楽しみながら頑張って
きてくださいね!

今回、ヤマダ電機の蚤の市について
お話しさせていただきました。


【天野裕之@せどりエイトで収益倍増!】

ツイート

メディア出演、記事掲載の依頼

プロフィール

天野せどりYouTube動画講座

せどりチャンネルに登録すると
新着動画の連絡が届きます!

天野裕之ユーチューブ

トピックス

amzonと他サイトの価格比較

■facebook
天野裕之フェイスブック

■Twitter
天野裕之ツイッター