色違いのプレ値商品の仕入れ判断は?

【天野裕之@せどりエイトで収益倍増!】
せどりメルマガ登録

【天野裕之 公式LINE】
友達追加で商品リスト無料配布! 天野裕之LINE@
LINEのID(@amanohiro)



色違いのプレ値商品の仕入れ判断は?

今回は、色違い商品の
仕入れ判断についてお話しします。

LINEの読者さんからこんな質問を
いただきました。

「同じ商品なんですけど価格が
全然違う商品がありました。

レッドは定価以下なのにブルーは
定価の2倍以上です。

ブルーなら仕入れて良いですかね?

それとも、レッドと同じように
価格は下がりますかね?

見定める方法を教えていただけると
ありがたいです。」

色違いの商品は、同種の商品でも
片方が定価を超えたプレ値になって

もう片方は安いままという商品は
意外とあります。

この仕入れ判断はケースによって
個々に判断する必要があります。

例えば、片方の色だけが一時的に
Amazon本体の在庫が切れて、
値上がりすることもあります。

判断基準としては、他店の在庫
状況が一番です。

他のネットショップ等に在庫が
たくさんあるのであれば、

Amazonの在庫もすぐに戻って
くるので、仕入れはしません。

ですが、片方の色だけが人気で
値上がりしていたり、

ある色の商品だけが生産終了と
なって、

市場になくなったためにプレ値に
なるケースもあります。

例えば、こんな商品がプレ値に
なっていますね。

定価(参考):5,400円

Amazon価格:19,421円

出品者が2人しかいなくて
超プレ値になっていますね。

ですが、同じ商品の色違いの
レッドはこちらです。

定価以下の5,150円で販売中で
Amazon本体を含めて、出品者が
26人います。

あなたなら、サーフブルーの
商品が定価で売っていたら仕入れ
ますか?

この場合も個々に判断しますが、
今回のサーフブルーの商品は
仕入れてOKです!

まず、上のサーフブルーのほうの
モノレートで、これまでの価格の
動きを見ます。

すると、12月末から10,000円
近くのプレ値が続いており、

販売履歴を調べてみると
その価格で売れていました。

さらに、他のネットショップを
リサーチしても、在庫が無いか、
高値で販売されており、

市場に在庫が極少だということが
分かります。

これで十分な根拠になりますが
実際に大量に仕入れる判断をする
ケースでは、更に安全にいきます。

何をするかと言うとメーカーや
販売店に電話して、次のことを
聞きます。

・生産が終了しているか?

・終了していなければいつ頃
 購入できるようになるか?

あくまでも、せどり目線ではなく、
お客さんの目線になって聞き方を
考えてくださいね。

回答が、生産が終了していたり、
海外から再入荷の予定が未定なら
確実に高利益の商品になります。

このように、しっかりと根拠を
もって仕入れを行えば、

値下がりして損切りする可能性は
低くなりますよ!

その他、色々なケースがありますが
大切なのは、根拠をもって仕入れを
行うということです。

そうすれば、しっかり稼げるせどり
ビジネスが出来ますよ!

今回は、色違い商品の仕入れ判断に
ついてお話しさせていただきました。


【天野裕之@せどりエイトで収益倍増!】

ツイート